「民宿・京料理 嵯峨一休」周辺の観光地をご紹介いたします。
当館は、嵯峨野の自然豊かな観光地の中にあり、観光名所を訪れるのにとても便利です。
観光巡りで疲れた身体を癒すには、民宿 嵯峨一休へ。

resort_img_001

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡

嵯峨天皇が、長安の北方の景勝地、嵯峨山になぞらえて建てた嵯峨離宮が前身。その後、嵯峨天皇の長女、正子内親王が大覚寺として開いた。

拝観時間 : 受付 9:00~16:30 閉門 17:00
拝観料 : 大人 500円 / 小中高 300円  大覚寺・祇王寺共通券 600円
駐車場料金 : 乗用車 500円 / バス 2,000円
※駐車台数に限りがあります。

旧嵯峨御所大覚寺門跡の詳細情報>>

resort_img_002

祇王寺

「平家物語」の舞台として知られる寺。平清盛の寵愛を失った祇王が妹の祇女、母の刀自とともに出家しこの地に隠れた。祇女に代わって寵愛を受けた仏御前もいたたまれず尼となり、この地で4人は余生を送ったという。

拝観時間 : 受付 9:00~17:00
拝観料 : 300円 / 大覚寺・祇王寺共通券 600円

祇王寺の詳細情報>>

resort_img_003

嵐山

山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と命名したと言われる渡月橋。現在の橋は、鉄筋だが、往時の姿をよく伝えている。

嵐山の詳細情報>>

resort_img_004

化野念仏寺

かつて小倉山の東北麓一帯は化野と呼ばれ、葬送の地であった。弘法大師が死者の菩提を弔うため寺を創建し、のち浄土宗の寺となりました。

拝観時間 : 受付 9:00~16:30(季節により異なります)
拝観料 : 500円

化野念仏寺の詳細情報>>

resort_img_005

大沢池

大覚寺の東にあり、嵯峨天皇が庭園に中国の洞庭湖を模して作られた。雪月花すべてが堪能できる。

resort_img_006

常寂光寺

常寂光土を思わせる美しい寺であることからこの名がついた。檜皮葺きの多宝塔は京都の町人たちによって寄進されたもの。またこの辺りは藤原定家の草庵があったところとしても知られている。

拝観時間 : 受付 9:00~16:30
拝観料 : 300円

常寂光寺の詳細情報>>

resort_img_007

天龍寺

足利尊氏が後醍醐天皇の冥福を祈って、夢窓国師を招いて創建させた。世界文化遺産である。

拝観時間 : 受付 8:30~17:30(季節により異なる)
拝観料 : 500円(諸堂内拝は100円増)

resort_img_008

二尊院

嵯峨天皇の勅により開かれたという。寺名は釈迦如来。阿弥陀如来の二体の本尊を祀ることに由来する。

拝観時間 : 受付 9:00~16:30
拝観料 : 500円

resort_img_009

広沢池

月の美しいところとしても有名。「散る花に汀のほかのかげそひて春しも月は広沢池」とは定家の歌。

resort_img_010

落柿舎

芭蕉の門下、向井去来が閑居したところ。門口にはかつて主の在宅を知らせた笠と蓑がかかっています。

落柿舎の詳細情報>>

resort_img_011

東映太秦映画村

東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある映画のテーマパークです。

入園料金 : 大人2,200円 中・高生1,300円 子供1,100円
営業時間 : 3月1日~11月30日 9:00~17:00
12月1日~2月末日 9:30~16:00